それはあいつがへたれだからだぁ!

【Since 11/22_2011】へたれでヒッキーな筆者が日々の出来事や思い等を綴っていく個人運営ブログです。

読了:GBFEX-AB

「GBFEX-AB/著:浅羽」読了しました。
TwitterのFF内から失礼します。
投稿された時から読了まで時間がかかってしまって申し訳ない
読む、という腰を上げることがとことん苦手な人間です。
以下感想。

ガンダムビルドシリーズにあるガンプラバトルという設定を
ガンダムバーサスシリーズがある現代へ落とし込み融和させた作品
他の方は概ね「仮想空間に入って戦う」もしくは
「ビルドシリーズの設定=P粒子をそのまま流用する」
のが定番ですが、設定からオリジナルワールド展開です。
そしてその設定がうまく現在に落とし込まれていて、
「本当にありそうなIF世界の現在」に見えてくるのがさすがです。

登場人物も中高生ではなく成人した大人たちがメインで
主人公と彼女、そして彼女の過去をしる青年の3人が骨格となる物語
その関係性は大人びていて、著者の知識と世界観でしか描けない世界に。
やはり現代小説を書く上で現実世界の色々を知っているのは大きなアドバンテージですね
(生きていくうえでのアドバンテージとは言っていない)

そんなディープさを抱えた作品だからこそ
描かれるテーマが軽いボーイミーツガール的お話にまとまるはずもなく。
怪しい雰囲気の漂う作品ですが、最後はちゃんとハッピーエンド。
けれどその過程も、結末も、大人向けなビターな雰囲気。
個人的にはオチにもう少しパンチが欲しかったとも思うのですが
現実は物語ほど起伏に飛んだものではないわけですし、
彼らの生き方、選択が重要な物語なので、これ以上ない展開だったでしょう。

人によっては文体が気になるかもしれません。
自分はとても好みな表現の仕方でした。
ただ、変な改行が入っていることと、行頭スペースや改行の文法については
やや引っかかるものがありました。
しかしそれが気になって先を読まないのは惜しい作品ですし、
文章量も3話完結で総合計5万文字なので
さくっと読めると思います。

黒犬の泥臭い戦闘が、従来のヒロイックで王道な主人公像をぶっ壊して
自分の世界を作り上げているのが好きです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hgfactory2011.blog.fc2.com/tb.php/1292-7541916d

 | HOME | 

文字サイズの変更

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

【Infomation】 (1)
過去の作品 (9)
HSP (25)
創作 (53)
遊戯王 (125)
プラモ (180)
ゲーム (143)
感想 (5)
日記 (738)
RGSS3 (9)

最新記事

総記事数:

プロフィール

杉村 祐介

Author:杉村 祐介

FC2Ad

Template by たけやん