【読了:日常カタストロフィー】 …… 2018/06/01

「日常カタストロフィー/著:水槽学」読了しました。
Twitterで知り合った友人の作品で、本人から勧められたのがきっかけ。

日本人あるあるだろうけれど、自己肯定感が低く
俗に言う空気を読んで周囲に合わせるという生き方は
はたして本当に良いのか、と問いかける作品。

著者独特の観点から描かれる物語と
それに翻弄される主人公の心の動き、世界観を語る比喩表現、
どれもネット小説の枠とは思えない文章力で、嫉妬するほどに上手い。
とあるグループで書いてもらった短編にもその気質はあったけれど
著者の本領を思う存分発揮している風に感じられる。
しいて言うなら、18歳とは思えない回し蹴りが炸裂してるのが気になったくらい。
これは著者の好き好きというか癖というか、趣味なのだろうけれど。

世界観は表現も含めて、暗いけれど真っ暗ではなくて、
作品上でも語られる「薄汚れた白色」のような雰囲気。
読後感も万人を笑顔にさせるようなすっきりとしたものではないし
どちらかと言えばバッドエンド要素のある終わり方をしている。
けれど読む人によっては、きっと救いのある物語にみえるだろうと思う。
(自分は一週回って酷い現実に打ちひしがれた)

自分の現状もあいまって、心に刺さる作品でした。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ブログ内検索
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
総記事数:
最新コメント



プロフィール

杉村 祐介

Author:杉村 祐介

Twitter
Lc.ツリーリンク
HSP Web-Ring
HSP Web-Ring
< List ID:657 Rnd >
RSSリンクの表示